小麦畑


霞ヶ浦 春の宴

2019年 4月20日
・21日

今回も、霞ヶ浦の畑での農作業である。

 4月の晴れた週末、霞ヶ浦の農家の畑での作業で伺う。

 最初の作業は、「茨城アイガモ無農薬米トラスト」稲の種付け
である。何人かの方と一緒に、稲の種を育苗トレイに蒔く作業をする。
こちらの様子は、「茨城アイガモ無農薬米トラスト 種籾撒き」
ご覧下さい。

 さて、今回の作業は、小麦畑の草取り。
小麦の間に生えている菜花を抜き取る。

小麦の製粉 筍

 で、その次の作業は筍掘り。
竹林で手頃な筍を掘り、今夜は、農家のKさんの別宅で、みんなで
泊まり込みの宴会を行うのである。
なので、筍掘りにも力が入り、こんなに収穫してしまった。
そして、この日はこの作業で終了。この後は宴会が待っている。

 さて明けて翌日。朝から去年収穫した小麦の製粉を行う。
そして、昨年の小麦粉を使ってピザを作ってお昼ごはんにする。

 昨年の夏、そのキットでピザを焼いてみたのだが、その時は
こんな簡単なキットで美味しいピザが焼ける訳がないと、焼く前に
子馬鹿にしていたのだが、作ってみたら本格的なピザが出来たの
で驚いてしまったのである。
なので、今年の夏は、子供達を招き、田圃の案山子を作る時のお昼  
ごはんの際、子供達に、各々ピザに好きな具をトッピングして貰い、
このキットでピザを焼くピザパーティーを行おうとの魂胆である。
なので、本日はその予行演習を行う。
いかに、時間のロスが無く、子供達を飽きさせないような、手際の
良いオペレーションを行うかの予行演習である。

 そして、その結果、ピザのドウ作りは、発酵の時間を考えると
前日に仕込んだ方が良い事。ピザのドウを伸ばす際は、アルミホイル
をお皿の上に敷き、打つ粉を振って拡げる事。そうしないとピザ窯
に入れるアルミ板にスムースに移し替える事が出来ないと分かった。
更に、ピザ窯は事前に十分熱しておき、すぐに焼ける焼ける状態と
なるように早めに火を付ける事。
また、小麦粉と蕎麦粉を、間違えて使わない事。
今回は、どうも蕎麦粉を使ってしまったようであります。

 そして、子供達に、各々ピザに好きな具をトッピングして貰うの
は、絶対に喜んで頂ける事を確認をする。
何故なら、予行演習で、トッピングを担当した大人が、すっかりと
嵌まってしまい、独りで延々とトッピングをしていてからである。
これは、夏のイベントの際に、子供そっちのけで大人が夢中になる
という心配事が発生する可能性が大である事も判明をした。

















前のお話へ












大地の写真地の巻 ● 援農草刈隊が行く
日頃の鬱憤・ストレスを解消する為、援助交際ならぬ援助農業と称して
他人の畑に乱入し、思いっきり雑草刈りをする事で悦びを求める集団。
日夜乱入する畑を物色している連中。略して「援農草刈隊」が今日も行く!