田植え
料理の準備
雑草のすきこみ

NO,004

■ 大根収穫2007

 2007年5月27日

初夏になり、すくすくと作物も育っていくが雑草も伸びていくこの季節、二週間ぶり
の久しぶりの畑である。
畑を管理して頂いている農家のTさんから、大根が育っているぞ〜と連絡が入り、これは、
収穫に行かねばならないと浦和に向かう。

なんだか、今日は自動車が多いぞ〜と途中乗せていく「体育会系サラリーマン氏」
宅に向かう。約束の時間に遅れるかなぁ〜と思ったが、今度は混雑したらこの道で行こう
と、思った道に途中でショートカットしたら予定通りの時間に到着する事が出来た。
我ながら素晴らしい。

さて、「浦和の畑」である。
すこし見ないうちに作物は大きく育っていました。
本日の植え物は、空いた場所の大根の種を蒔き、芽が出ていないトウモロコシと大豆の
間にさらに種を豆を蒔く。さらにさらに、トマトの苗を植えて棒を立てるという作業と
なる。Tさんは、畝の間を管理機で掘り返す。この時期小さい雑草を掘り起こす事で、
雑草の発生を防ぐ事が出来るらしい。転ばぬ先の杖だねえ。
「体育会系サラリーマン」は、間引きした大根を味噌汁にすべきかまどを作成中である。
基本的に、「浦和の畑」は本日のミッションを達成する事が明確に見えた時、各人の気が
ついた事を勝手に行うという方針を貫いている。
みんな大人だからね。多分・・・???

じゃがいもワセシロ 大根
だんしゃくの花 とうやの花

大きくなって密集した大根を引き抜く。結構な数がある。50本は抜いたろうか。
本日参加者は、3名である。これを全員に分けると持ち帰った際、各々の自宅で問題に
なりそうである。
どうしよう?
と、思いついたのがアーズディマーケット。ここに売りに行こうと思いつく。

「浦和の畑」のまわりは大きく広がった水田地帯である。
そろそろ、田植えの季節である。みんな廻りでは乗車型田植え機で苗を植えている。
当然、水が用水路に溢れんばかりに流れている。ここで、収穫した大根を洗う。
結構な量の洗いあがった大根をカゴに入れて日陰で水を切る。

大根収穫 トマト

さあ、お昼である。大根の味噌汁が振舞われる。
燦燦と降り注ぐ太陽を受けておにぎりと味噌汁を口に運ぶ。開放感があっていいね〜。
普段、こんな場所でご飯を食べる事がない。
今日は初夏のわりには、暑くもなく、また風も心地よい。絶好のお昼日和である。
では、これから「浦和の畑トラスト」のPRも兼ね、アーズディマーケットに向かうか。

アーズディマーケットの様子はこちら

収穫
畑: 大根


一緒に畑を耕しませんか?トラスト会員募集中です。詳しくはこちらを!




前のお話へ 次のお話へ


地の巻 浦和の畑
上州の畑がなくなり、もっと近くで野菜を作りたいと思っていたら、
ひょんな事から浦和で野菜作りをする事に。