サラダ菜
ミニトマト全景
ミニトマトアップ
ミニトマトの花
今日の収穫

NO.010

2002年5月立夏

直播きしたサラダ菜。液肥の効果があったのかプランターからあふれんばかり。
まだ、青虫の被害もなくすくすくと育っている。新鮮なサラダがいつでも食べられる。
毎日摘んでも当分は持ちそうである。

種からの栽培を断念して苗を買ってきたミニトマト。急に大きくなってきた。
トマトの原種は、高地の痩せた土に自生しているといつか本で読んだ事があったので、追肥は行わない。
それがよかったのか日差しを受けてすくすく育っている。

支柱に括り付けた縄の位置を変える。ついでに摘心(芽かき)をする。10本のうち1本が既に枝別れしていて
それだけが背丈が低い。摘心は本来なら晴天の日に手でひねって行うのもの。鋏で切ったり切り口が濡れて
いるとそこからから病原菌が進入してくる可能性が高くなる。晴天に日に摘心をしたかったのだが、ここ数日
雨続きで今日は晴れそうなもののまた雨が続くらしい。明日は上州の畑だし、来週は伊豆の棚田で田植えである。
うっかりしていると脇枝が伸び放題となってしまうので、今日摘心しないとそのチャンスが無くなってしまう。
今は曇りだが、摘心の結果が吉と出るか兇と出るか?
ちなみに、10cmくらい大きくなった芽は挿し木で増やしていく事も可能らしい。
次回の摘心の際には、挿し木に挑戦である。

ミニトマトの黄色い花も出てきた。
もう二週間ほどしたら収穫出来そうである。


ところで、バジルの芽が出て来ません。
このまま発芽しないようであれば、10年ぶりに苗木を買ってこなければならない。カッコ悪い。


今回の収穫
いちご・ホウレンソウ・サラダ菜。いちごはデザート、ホウレンソウはおひたし、サラダ菜はサラダ。



前のお話へ 次のお話へ


地の巻 ●我が家のプランター
住んでいるマンションには、おまけで広いルーフバルコニーがついていたので、
プランターでハーブなどを作りはじめました。根菜類は無理だが葉物は元気です。