里山保全ボランティア 2019 5月下旬


2019年 5月28日

       
  リタイアしたのをきっかけに、里山保全ボランティアを始めました。


里山保全ボランティア 初夏を迎え、木々も新緑の装いとなってきた。
最初にこの樹林に来た時のは冬。木々の葉は殆ど無く、寂れた林と思っていたが、新緑を
迎えて、木々は青々として、豊かな里山の風情を醸し出している。
この緑の中にいると、心が洗われるようである。

新緑 緑道

さて本日も、森の木の調査。
木々が密集してお互い生育が悪くならないように、落ちた実から生えたまだ小さい木々の
中から、そのまま大きく育てる木と、切ってしまう木を選別して、切ってしまう木に紐を撒く
作業を行う。
同じ木々ばかりが成長しては、雑木林とはならないので、なるべく多くの種類の木々が、
成長するように、切ってしまう木を選別していく。

で、作業がひと段落したら、道具小屋の脇でのコーヒーブレイク。

緑道

本日の作業は、昼で終了である。
この林の近くで、美味しい和菓子屋さんをみつけたので、帰りに買って帰り、三時のおやつ
に頂く事にする。
もうひとつの楽しみが出来て、嬉しいかぎりである。








前のお話へ
 プロジェクト ん組
「困難な戦いだった。誰もが見放しかけた。その時、男は歯を食いしばった。」
てな感じで始まる某番組に涙が湧いて来る今日この頃のUKIですが、サイトを
通じて知り合った方とのプロジェクトをお伝えします。