釣り船
仕掛け
鬼かさご
釣果



■ 湾口の甘鯛 2018 春


  3月26日(月)午前 7時半出船 午後 2時半沖上がり


昨年秋の甘鯛釣りは散々であった。
本命の甘鯛を、一匹も釣り上げる事が出来なかったのである。
いつも殆ど毎回、甘鯛の顔を見る事が出来たのに、昨年の秋の
甘鯛釣りは、一匹も顔を見ずであった。

なので、そのリベンジである。
普通、リベンジはその翌週とかに行うものだが、暖かくなるの
を待って4ヶ月も経った3月末になってようやく実行する事と
なった。今まで寒かったんでね。

で、本日は月曜日、会社休んでの釣りである。
最近の甘鯛釣りは超人気で休日は満員、なので空いている平日
の釣りである。

さあ、いつもの京急で向かう。
この電車の中吊り広告、他の路線とは違って華やかである。
お馴染み不動産広告はこの路線でも有るが、他では見られない
ようなカラフルな中吊り広告が、他の路線に比べ圧倒的に多く
見る事が出来る。その中吊り広告の内容は、三浦半島の観光や
横須賀巡りなどの観光関係が多く、何だかウキウキしてくる。
普段、通勤では乗らないで遊びで乗る事が殆んどなので、尚更
ウキウキしてくるのかも知れない。

そんなウキウキ電車で、久里浜迄向かう。
さすがに平日、釣り船は空いている。今日の甘鯛釣り、4名と
大名釣りである。
向かうは東京湾湾口、ここ数年この辺りをポイントにしている。
で、釣り開始である。

本当は、先週の祝日前の平日に甘鯛釣りに来たかったのだ
が、生憎、先週は冷たい雨の毎日だったので、今週の3月末に
甘鯛釣りを変更した。
で、本日は最高のお天気、気温も高く、釣り用のジャケットも
要らない具合の陽気である。

さて、第一投。何も反応も無。
何回か仕掛けの餌を新しいものへと替えて、仕掛けを下ろして
いたら、竿先に魚信が有り上がって来たのは小さなヒメ。
その後もヒメやトラギスばかり釣れて、肝心の甘鯛は釣れない。


なので、魚の誘い方を変えてみて、竿先を余り動かさずに
静かに誘うと、紛れもない甘鯛の引き、上がって来たのは一年
振りに顔を見た甘鯛であった。

本日に来て良かった。
しみじみと平日の釣りを楽しめる。

で、その後も、甘鯛、連呼鯛、トラギス、ヒメ、カンゾウ
ビラメ、カナガシラ、カイワリ、鬼カサゴが釣れた。

そして、沖上がりの少し前の事である。
大きな魚信とドラグが滑る程の重さ、上がって来たのは大きな
甘鯛。でもミヨシの方とのおマツリで、くわえた釣り針は残念
ながらUKIの針では無かった。

と、いうことでぼちばち釣れた甘鯛。
甘鯛釣りは平日に限るね。

本日の釣果:
甘鯛3匹、連呼鯛4匹、トラギス7匹、ヒメ6匹、カンゾウ
ビラメ4匹、カナガシラ1匹、カイワリ1匹、鬼カサゴ1匹、









前のお話へ



海の写真クリックして地の巻メニューへ ● 沖釣り紀行
最初はソルトウォータールアーから始めた海釣りだが、1年間かかって釣れた魚が
ルアーよりちいさかった。それを期に沖釣りを始めるようになる。沖釣りなら
仕立てでと思っているが気まぐれな友人達が多くかなかなかその機会は少ない。