NO,016

■ たのしい不便

9月

著者 福岡賢正
出版 株式会社 南方新社

大量にエネルギーを消費する現代に、50年前に戻って不便を体験しようと始めたのが
この本である。
著者は、毎日新聞に勤める新聞記者。この本は福岡地方版に掲載された内容をまとめた
ものである。自転車での通勤、自動販売機では買わない、外食しない、季節外れの野菜は
買わないなど不便を実践してどのくらい不便か体験するといった壮大なる計画である。

自分で野菜を作り、アイガモ農法で米を作りといったいきなり本格的な実践を始めた著者は、
自転車通勤で交通事故に遭い中断するまでの実践記録と消費するだけで良いのだろうか
をテーマにした対談で構成させている。
何だかんだと言ったところで、実践していなければ伝わらない事がある事をこの本は教えて
くれる。ちなみに、不便を買って出る11項目の内何の不便も無く実践していた事が4つもあった。







前のお話へ 次のお話へ


空の写真 今月の本(2002)
面白かった本などを紹介します。
2002年に読んだ本の中からの紹介です。