食べる事は生きること 


■ 食べることは生きること

  1月

著者 近藤 文夫
出版 株式会社 幻冬舎

池波正太郎のファンなので、いつかは近藤青年の天ぷらを食べて
みたいと兼々思っていたのだが、ようやく機会が有り、近藤さん
の天ぷらに出会う事が出来た。
その天ぷらは、本書で著者自身が述べているが、正に「蒸し物」
であった。

世界一とも呼ばれている「銀座 こんどう」の天ぷらとは何か?
本書を読むと、なるほどこの味と香りが、正にに天ぷらの世界一
に成るべくして成ったと実感が出来る。著者が、天ぷらを揚げる
真摯な姿勢がどこから来るのか?そこに至る著者の考えが本書を
読むとよく分かる。

どうしたら、素材の持つ味、香り、食感を引き出せるか?また、
農作物を育てる農家や、魚介類を仕入れる築地の仲卸の方々との
方々との付き合いの仕方や、自分を育ててくれたお客様の事等、
著者の信条が著されている。
お店のカウンターの向こうで、真摯な姿で天ぷらを揚げている、
その姿と同様に、本書を読むと、その人柄が滲み出てくる。

ぜひ、「銀座 こんどう」で天ぷらを食べてから、本書を読んで
頂きたい。







前のお話へ


空の写真 今月の本(2019)
面白かった本などを紹介します。
2019年に読んだ本の中からの紹介です。